解体工事の流れ

解体工事の流れ

解体工事をご依頼頂きました皆様方に「頼んで良かった」と思って頂けるよう価格の安さはもちろん、建物の大小を問わず工事の迅速さ・丁寧さ・周辺地域への配慮を心がけ、工事中は専任担当者が責任を持って対応しています。

1.お見積り
お見積り

見積もり担当のスタッフが現場にお伺いして、お見積りをいたします。
現場見積もりはお客様が同行してもしなくても大丈夫です。
(建物内の廃棄物を確認する為に鍵をお預かりいたします。)

次へ

2.ご契約
ご契約

当社へ解体工事を依頼することが決まりましたら、請負契約を締結させて頂きます。
なお、当社では契約してから工事費用が変わることはありませんので、ご安心ください。

次へ
3.建設リサイクル法の届け出
建設リサイクル法の届け出

一定規模以上の解体工事を行う場合、建設リサイクル法に基づく届け出を、工事着手の1週間前までに管轄の自治体に提出する必要があます。
お客様から署名・捺印を頂き、書類の提出は当社が代行して行います。

次へ
4.あいさつ回り
あいさつ回り

工事を開始する直前日に、当社スタッフがご近所の挨拶回りに伺います。
解体工事には苦情がつきものですが、事前に近隣の方々にお知らせすることによってある程度は防げます。
工事中は出来る限り近隣住民の方へご迷惑をおかけしないよう努力致しますが、もし苦情が入ってしまった場合は、誠意をもって対応いたしますのでご安心ください。

次へ
5.解体工事開始
解体工事開始

いよいよ解体工事の開始です。
当社は、工事主様がいつ解体現場を見にこられても恥ずかしくないよう、工事中の整理整頓を心がけております。
また近隣の住民の皆様にもご迷惑をおかけしないよう、細心の注意を払っております。

次へ
6.工事終了
工事終了

建物、基礎等すべての解体工事が終了したら、きれいに整地いたします。
当社では、「畑が作れるような整地!!」を目標にしてます。
お客様に現場を確認して頂き、OK!をもらったら工事は完了です。

次へ
7.滅失登記
滅失登記

建物を壊すと、「滅失登記」といって、解体したという登記を法務局に届ける必要があります。
工事が完了致しましたら、当社より建物滅失証明書を発行いたします。ご自身で、法務局に出向き「滅失登記」を行うことができますが、遠方にて出向くことが出来ない等の場合、代行で滅失登記を行えるのは、土地家屋調査士でなければ行うことができません。
当社にて良心的な土地家屋調査士のご紹介も行っております。お気軽にお問合せください。
滅失登記をしてしまわないと建物に対する税金の支払い義務がなくなりませんので、早めに滅失登記をしてしまいましょう。

Copyright © 2019 rion,all Rights Reserved.